学校の外にも、子どもたちが自由に学べる場を増やしていきたい。│学びの森

  • LINEで送る

 

「学校休みたい」

「行きたくない」

 

むすこに突然そう告げられたら、なんて答えよう……

そんなことを考えるようになったのは、「学びの森」というフリースクールに出会ったことがきっかけでした。うちの子は大丈夫なんて保証はどこにもなくて、不登校は誰もが直面しうること。でも、そうなった時どうすればいいのか、何も知らなかったし考えたこともありませんでした。


 

「不登校になってよかった」

 


これは、学びの森の卒業生の親御さんの言葉だそうです。

不登校を辛く苦しい経験で終わらせるのではなく、大きく成長するチャンスだと捉える。子どもたちに学校ではできない自由な学びを体験させ、自分の力で将来を掴めるよう、学力以外の力も育てていく。

そんな言葉をかかげる学びの森とは、いったいどんなところなのでしょうか。

 

不登校になったからこそ、もっと自由な学びを。もっと豊かな生活を。

訪れたのは、京都府亀岡市。気持ちのいい坂道を上っていくと校庭を走り回る子どもの声が聞こえてきます。小学校の隣にある緑豊かな敷地で、日中は学校に行けなくなった子どもが通うフリースクールとして、夕方からは学習塾として、子どもたちを支え続けてきた学びの森さん。創設者である北村塾長にお話を伺いました。

左から北村塾長・恵美子さん

子どもたちが学びの森フリースクールで過ごすのは、10:30〜16:00の間。フリースクールというと、学習する場というよりも一緒に生活をするイメージがありましたが、私が参加させてもらった国語のゼミ学習では、村上春樹の小説を題材に中高生が大人顔負けの議論を展開していて驚きました。北村さんはこうおっしゃいます。


子どもたちは学びの森を巣立って社会へ出ていきます。社会の中で生きていく力をここでつけてもらわないといけない。居心地がいいだけの場所ではだめなんです。生活面のサポートももちろん必要ですが、彼らは何よりも学習を通じて自信を取り戻していきます。学習の”質”については常に意識をしています。

スタッフ全員で一人ひとりの生活や学習の状況を共有して、

──どう導けばこの壁を克服できるのか
──どんな進路を目指すのが合っているのか、

など日々考え続けています。私たちもデューイ等の思想家たちの理論を学び、自分たちなりのを方法を編み出し、うまくいかなければ見直して、の繰り返しです。


悩みを抱えた子どもや保護者に向き合うには時間も労力もかかります。そんな中でも「一人ひとりの生徒に合わせて学習の進め方や関わり方を変えていくこと」と理論に基づいた実践や研究とを両立し、質の高い学びを保っておられるなんて……もし我が子が学校に行けなくなっても、こんな場所があったら安心だな、と思うことができました。

小中学生の探究学習のようす

子どもたちは、一人ひとりの状況に応じた個別学習や皆で議論しながら理解を進めるゼミ学習、1つのテーマを深く掘り下げる探究学習に加えて、掃除や森の植物の手入れも先生たちと一緒に行います。運動場はありませんが、外遊びの日には休み時間に公園で思いきり身体を動かします。


ここで学習塾を始める時に、やってくる子どもたちに応じてカリキュラムを組もう、と決めたんです。


とおっしゃる北村さん。空間へのこだわりからもその思いが感じられます。教室の真ん中に立つ大きなヘゴシダの木に見守られながら、子どもたちは好きな席に座って、問題集を解いたり、たくさん並んだ本や参考書を手にとったり、PCで調べ物をしたりとそれぞれのペースで個別学習を進めます。

「教室に先生が何人もいて、いつでもわからないところを聞けるから勉強しやすい。」と生徒さんが教えてくれました。

北村塾長のお話を伺った後、卒業生とその親御さんにもインタビューをさせていただきました。


─── 娘は学校に行かなくなってからはずっと家にいて、言葉も笑顔も減っていって、感情もなくしかけていました。それが今では、ニュージーランドへ留学に行ける程に。ここに来ていなかったら京都外大の高校を目指すこともなかったと思います。

─── 学校では数十人が一括りにされてしまうけれど、ここでは息子も主役になれたように感じました。高校受験の時には、私が学校や教育委員会に対してするべきことも教えていただいたし、わざわざ東京まで高校の先生に会いに行ってくださったんです。今でも何かあったら塾長に相談しようって思っちゃいます。


お話を伺っていると、生徒さんだけでなく保護者の方と北村さんとの距離感の近さに驚きます。夏休みや年末年始にはたくさんの卒業生が顔を出してくれるそうです。

 

不登校支援には、家族へのサポートも不可欠。

奥様の恵美子さんが代表を務める一般社団法人さよなら不登校では「親の茶話会」「親力up講座」など不登校の子どもを持つ親御さんを支える活動をされています。

卒業生の親御さんにお話を伺うと、多くの方が


子どもが学校に行かなくなったら、家の中だけで抱え込まず、外に目を向けて学びの森のような場所に頼ってください


ということをおっしゃいました。子どもが不登校になると、親も、保護者のコミュニティに顔を出しづらい、誰にも相談できない、人に会って色々と聞かれるのが嫌で外に出たくない……と周りから孤立していきがちです。ご自身も娘さんが不登校になった経験を持つ恵美子さんは、かつては学びの森で英語を教えていましたが、同じ悩みを抱える親御さんたちの力になりたいとペアレントサポートの活動に力を入れるようになりました。

面談のようす

さよなら不登校という名前には、2つの思いが込められているそうです。


一つは、子どもたちやそのご家族に「不登校」という状況を克服してもらいたいという思いです。そしてもう一つは、たとえ中学校や高校へ行かなくても子どもたちの学びが十分保証される場ができれば、そこからより専門的な学校へと進学ができる。つまり、そんな社会が実現すれば「不登校」そのものは問題じゃなくなり「不登校」という言葉そのものがなくなっていくんじゃないかという思いです。 公式Webサイトより


きっかけは、学習塾にやってきた一人の男の子。

長年学習塾を営んでいた北村さんがフリースクールを始めたのは十数年前のこと。2003年に不登校の生徒が塾にやってきたことがきっかけでした。

遅れている分の学習を授業前に一緒にするようになり、昼夜逆転していた彼の生活リズムを戻すために午前中から塾を開けることを決め、というように彼の存在が徐々に学びの森のあり方を変えていきました。そしてその中で彼自身も変わっていきます。

その変容の大きさに心を動かされ、2005年に小中学生・高校生を対象にしたフリースクールを開設。彼は今、大学院でひきこもりについての研究をしているそうです。

北村さんは、子どもたちへの直接的な支援だけでなく、教育委員会や自治体に対してもフリースクールの必要性を訴え続けてきました。その努力が実り、少しずつ学校外での学習を支える仕組みが整ってきています。例えば、こんな制度ができました。


■ 出席認定(学びの森への出席が在籍中学校の出席日数になります)
■ 定期テスト受験(学びの森で学校の定期テストを受けられます)
■ 通学定期利用


しかしまだまだ、フリースクールの存在を知らない人も多いのが現状です。

2階吹き抜けから


不登校は、昔は「登校拒否」と呼ばれていました。でも実際は拒否ではなくて、行きたいのに行けないだけ。学校という場が教育の全てを担う今の仕組みには、限界が来ているように思います。発達障害やADHDなどの診断を受けた子もたくさん来ますが、環境が合えば全く支障なく学習も生活もできる子が多いです。

社会の中に多様な学びの場が増えていってほしいですね。私たちもここで子どもたちから教えてもらったことを学校や社会へ還元していけるよう、新たな事業展開を模索しています。


とおっしゃる北村さん。卒業生の親御さんからも、

「学校に行けなくなってもちゃんと学べる場所があるから大丈夫だということを、もっと社会に広めてほしい」

という声が上がっていました。

私も一人の親として学びの森のような場があることをとてもありがたく思うと共に、不登校に悩む親御さんのもとに皆さんの声が届くことを願ってこの文章を書かせていただきました。今まさにお悩みの方は、学びの森さんWebサイトの「不登校Q&A」もご覧になってみてください。

 


 

─ オヤノミカタ 代表・松井より ─

学びの森さんのようなフリースクールの活動には「親への授業料負担」という大きな課題があります。現状では、家族への負担を減らさない限り、多くの不登校の子どもたちは世の中で活躍するためのスタート地点にも立てません。課題解決のため、今後も関係機関の働きかけを続けていくと北村さんはおっしゃいます。

オヤノミカタは「親の味方となる」という視点から、学びの森さん・さよなら不登校さんの活動をサポートしていきたいと思います。子どもたちの新しい未来を築くため、一緒に応援していただける方を募集中。ご興味をお持ちの方はぜひお声がけください。

 


京都府教育委員会認定フリースクール
学びの森
http://free.manabinomori.co.jp/

ペアレントサポート
一般社団法人さよなら不登校
https://parent-manabinomori.amebaownd.com/