【後編】これぞ「親の味方となるマルシェ」! 子供の〇〇をスクスク育ててくれるもの

  • LINEで送る

こんにちは♪ オヤノミカタ公式キュレーターの山本明子です。

前回に引き続き、2月28日に行われたオヤノミカタ☆マルシェ vol.1に出展されていたものの中から、個人的に気になった“子供の〇〇をスクスク育ててくれるもの”をご紹介したいと思います♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供の“心”をスクスク育ててくれるもの

カラフルコンサルタント京都
『カラータイプカード for KIDS』

~ 子供の基本気質を知って心を育てる ~

『カラータイプカード for KIDS』は子供の基本気質がわかり、その子に合った接し方(叱り方・褒め方、声かけ)がわかる! という育児ツール。親の接し方がその子に合うように変われば、子供のモチベーションが上がって子供も伸びる! というものです。

私の長男と次男は性格が真逆。叱り方や褒め方をそれぞれにどうすればいいか日々悩んでいたので、ブースにいらした一般社団法人カラータイプ協会 副会長の根來川晃絵さんにお願いして子供たちをカード診断して頂きました。

すると…、それぞれの性格をズバリ正確に見抜かれてビックリ!(気持ちのいいぐらい、診断結果も真逆な二人。笑)

また「実はこんな一面も隠し持っていると思いますよ。」ということも教えて頂き、長男にはこう、次男にはこう、と子供たちへの有効な叱り方・褒め方、声かけを教えて頂きました。目からウロコ!

カード診断はとても簡単で、わかりやすい診断結果表もついているので、家族みんなで楽しく診断できます。

毎日カードを使うことで子供や親の心の移り変わりを客観的に見ることができて、日々の育児にある「もやもや」をスッキリさせることができるそうです。

子供の数だけ子育ての方法があって、正解はありません。だから不安になることもあるけど、こんなふうに子供との接し方のヒントが得られるカードはありがたいな、と思いました。

この『カラータイプカード for KIDS』以外にも、色を通して3つの力“集中力・想像力・コミュニケーション力”を育てる、という色育の絵本やカードもあります。言葉やスキンシップ以外にも様々な親子のコミュニケーション ツールがあるんですね。ゲーム感覚で楽しみながら子供の心をスクスク育てられる魔法のようなツールをぜひ試してみてください。

http://www.color-type.jp/certification/forkids.html

https://www.iroiku.com

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

子供の“体”をスクスク育ててくれるもの

スポーツ工芸ブランド arucuto 『GETTA』
~ 運動能力を高めて体を育てる ~

世界で戦うプロスポーツ選手たちの間でひそかに愛用者が増えている、というスポーツ工芸品。その中でも口コミで普及スピードが高いのが“一本歯下駄”です。

春から小学校3年生と幼稚園年長になる息子たちはラグビーを習っていて、「大きくなったらラグビー日本代表選手になる!」とデッカイ夢を持っています。そのため、日ごろから「運動能力の向上」と名の付くものには敏感な私(笑)

ブースにいらしたスポーツ工芸ブランド arucuto代表の宮崎要輔さんに一本歯下駄を試し履きさせて頂きました。すると、一本歯でかかと部分に板がないため踏ん張って意識的にバランスをとらないと立つことさえ難しく、履くだけで足腰が自然と鍛えられているような感覚でした。

「これを履いて歩いたり、走ったり、エクササイズをしてトレーニングするんですよ!」と宮崎さん。えっ! こんな不安定な状態で無理!と思ってしまいましたが、立ち止まっているよりも動いている方がバランスがとりやすく、トレーニングが楽しめるそうです。

「いま、子供の高齢化が進んでいる!?と言われています。ベビーカーの普及でおんぶや抱っこが減り、核家族が増えて大人の目が減った分あかちゃんが自由に動ける機会も減りました。その結果、しがみつこうと踏ん張る時や自由に動きまわる時に鍛えられる筋肉が育たず、骨盤の位置が高齢者のように歪んでいる子供が増えています。身体感覚も鈍ってきているんですよ。」と宮崎さん。 

その歪んだ骨盤を治すには、骨盤を支える大腰筋を鍛えるのが効果的で、そのために一本歯下駄『GETTA』を使ったトレーニングが最適なんだそうです。足裏、足指から育てながら体幹を鍛えていくので身体の歪みのバランス調整に効果を発揮! 子供だけでなく大人の健康維持にも役立つ一本歯下駄は、家族みんなの元気な体づくりに一役かってくれること間違いなしです。

http://shop.getta.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

商品の作り手さんや、サービスの普及を目指すその道のプロフェッショナルな方々とお話ができて、個々のこだわりや良さを直接教えてもらえるのもオヤノミカタ☆マルシェならでは! 息子たちの帰宅時間が迫っていたので、全てのブースを回ることができず残念だったのですが、次回のマルシェ vol.2 の開催を楽しみに待ちたいと思います。