「親」たちと「親の味方」たちが集う特別な1日。オヤノミカタフェスタvol.1、開催御礼。

  • LINEで送る

去る10/1(日)に開催したオヤノミカタフェスタvol.1。

無事に活況のもと、終えることができました。

ご来場いただきました皆さまに、厚く御礼申し上げます。

丸一日のイベントとなりましたが、当日の様子を簡単にご紹介させていただきます。


第一部:オヤノミカタマルシェvol.2

11時からお昼過ぎにかけては、親の味方となる商品を集めたオヤノミカタマルシェ。

今回は、7つのブースと2つのワークショップが並びました。

一つひとつが丁寧につくられたお菓子や、

妊婦さんや授乳中の方でも、ゴクゴク飲めるお茶。

似顔絵アートや、

ボディペイント。

親たちを支える言葉や本たち。

泡で洗うタオル。

染みの付いた服などを生まれ変わらせる、染め替え。

出店された事業者の方は、それぞれの信念のもとで事業を展開され、販売する物も形も様々ながら「親の味方となる」というキーワードに共通点があり、こうしてひとつの場に会しています。

そこに見えてくる、事業のきっかけやポリシー、これから目指すもの。

これらは後日ご紹介させていただきますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

そしてワークショップは、親子で楽しめるカラータイプ診断と、

手作りのアルバムづくりが並びました。

あっちでは「えっ、色でこんなことが分かるんだ!」という声。
こっちでは「こんな飛び出すアルバム始めてやー!」と興奮する声。

事前予約制を取らせていただきましたが、大いに盛り上がっていたようです。
(このワークショップの様子も、後日レポートいたします)

また今回は、キッズスペースを拡充。
「1万個のツミキがやってくる!」と題し、1人の保育士と3人の専任スタッフのもと、親も子も夢中になって楽しめるスペースを設けました。

全く同じ形の、細長いツミキが1万個。どんな遊びも自由自在。

並べて線路を作ってもよし。
重ねてタワーにしてもよし。

中には、こーんなに高く積み上げる子も!

訪れた方の中には、

「こどもが自分からキッズスペースに行ってくれて、ゆっくり見て回れた」
「『帰るよー』って声をかけても、『もうちょっと!』ってツミキを積み上げ続けてた。よっぽど楽しかったんだと思います」

そんな声も聞かれました。

このツミキは、今後もオヤノミカタのイベントに登場する予定です。
もし「ツミキを私たちのイベントに使わせて欲しい!」ということがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

第二部:きむ&LICO トークライブ
~僕が、私が、エールを送り続ける理由~

第二部は、ゲストに「詩人きむ」氏と「ママブロガーLICO」氏をお迎えしたトークライブ。
今回、初めて実現した二人のコラボです。

お子様連れの方を中心に、多くの方にご来場いただきました。

きむさんの大らかな言葉や、

LICOさんの、心に寄り添うようなメッセージ。

訪れた方は、共感して頷いたり、笑みを浮かべたり。

会場は終始、温かな空気に包まれました。

きむさんからLICOさんへ、サプライズプレゼントをする場面も。


最後は、お二人が参加者のお一人おひとりと握手をしながら、直接プレゼントを渡されました。

「まさか直接プレゼントをいただけるなんて思ってなくて、とても嬉しかったです」
「お話をお聞きして、凄く元気と勇気をもらえました。来て良かったと思います」

そんな感想をいただきました。

第三部:オヤノミカタ交流会vol.3

夕方からは、立食形式でのオヤノミカタ交流会。

Vege Cafe Dining TOSCA(ベジカフェ・ダイニング トスカ)さんのケータリングは、動物性の食材を一切使わないメニュー。

玄米やお豆腐、たくさんのお野菜。
優しい味付けで、パクパク食べられます。

なおドリンクは、マルシェにも出店してくださった丸安茶業さんの「赤ちゃん番茶」。

すっきりしていて飲みやすく、大人にもこどもにも大好評でした。

そして名刺を交換し合い、会場のあちこちで話に花が咲きます。

また、ここから、新たなコラボが生まれることを期待しています。

「親の味方」同士をつなぐハブとなり、世の中に親の味方となる活動を増やしていくことは、オヤノミカタの目指すビジョンのひとつです。

嬉しいお知らせは、記事として紹介し、多くの方に共有していきたいと考えています。

もしご縁が花開いた際には、ご一報ください。

 


フェスタの詳しい様子は、順次レポートにしてアップして参ります。

「親」たちと「親の味方」たちがつながる場、オヤノミカタフェスタ。

今回は京都開催でしたが、今後いろいろなエリアにて開催していければと思っております。
イベント開催にご興味のある方は、オヤノミカタまでお声がけください。

最後に、ご来場くださった皆さま、ご参画いただいた事業者の皆さま、ご協力いただいたスタッフの皆さま。
重ねて御礼申し上げます。