【あわみん】使った人がファンになる!?口コミで広がる、不思議なタオル。

  • LINEで送る

「お久しぶり〜!」
以前にも増して、ツヤツヤのお肌に、キラキラした瞳で、私に声をかけてくれた、あわみん本舗代表の岡本凉子さん。

「あわみん」とは、「肌の弱い人も使えるタオル」を目標として、開発され、特許を取得。マイクロ繊維を使用した特許構造のタオルは、自分の髪の毛先が当たっても痛いほどの敏感肌モニターさんにも「使える!」と保証され、開発に10年をかけて作られた浴用タオルです。

岡本さんとは、8月に開催された「オヤノミカタバル」で初めて出会いました(そのときの記事はコチラ)。
その時の、岡本さんのプレゼン後、その場にいた人が『ほしい!』『使ってみたい!』と、次々に「あわみん」を購入していきました。もちろん私も迷わず購入し、現在も愛用中。私も、子どもたちも、「あわみん」で作る泡が大好きです。

それにしても、岡本さん、その頃よりも更に若返っているような気が…!?

ちょうど「あわみん」で展示用の泡を作っている最中だった岡本さん。
店頭には、泡だてたばかりの、モコモコのきめ細かい泡。顔をうずめたくなるくらい、気持ち良さそう。
この泡は、特殊構造を持った「あわみん」だからこそ作ることができる泡なのです。

奇跡のタオルが引き寄せた奇跡の出会い

「あ!そうそう、この映画知ってる?」

店頭に置かれたチラシには、とある映画について書かれていました。
『キセキの葉書』http://museplanning.co/movie-kisekinohagaki.html

この夏、西宮と大阪で先行公開され会場満員、11月4日から全国公開される映画で、マドリード国際映画祭で、主演の鈴木紗理奈さんが最優秀主演女優賞を受賞したことでも話題になったそう。

この映画の元になった本の著者である兵庫県西宮市在住の脇谷みどりさんは、難病の娘さんを抱えながら、認知症とうつ病を併発する母に、13年間、5,000枚にも及ぶ葉書を送り続けたそうで、映画の原作となった本『希望のスイッチは くすっ』では、実際に送られた葉書が紹介されています。
また、20年余、毎月、「風のような手紙」というフリーペーパーで、日々の暮らしや娘さんの事を発信されているそうです。
2009年11年、脇谷さんによって発行された「風のような手紙」には、なんと「あわみん」について書かれていたそうです。

あわみんと脇谷さんとの繋がりとは

あわみんを発売してまもない頃、友人から、あわみんをプレゼントされたという脇谷さん。

難病の娘さんは、耳たぶやくるぶしに床ずれ予防のカバーをつける必要があるくらいの敏感肌。友人は、それを思って、あわみんを脇谷さんにプレゼントしたという。

早速、娘さんの浴用タオルとして使ってみた脇谷さん。
きめ細かい泡が、娘さんの体を優しく包み、初めて体に直接タオルを当てて、洗うことが出来たそう。

この記事をきっかけに、脇谷さんと繋がった、岡本さん。現在もメールでのやり取りが続いているそうです。

あわみんを買いに来ました!

「オヤノミカタバルvol2」の記事を読んで、「あわみん」を知った私の友人が、「あわみんが欲しい!」ということで、この日オヤノミカタフェスタに参加し、「あわみん」を購入。
ということで、「あわみん」を実際に使ってみての感想を聞いてみました!

「我が家はずっと、泡立てスポンジ+固形石鹸派。肌を傷つけないよう、泡だけで身体を洗うのが当たり前のルールでした。
でも、”あわみんのタオルを直接肌に当てて、全身洗っても大丈夫だから”と、岡本さんに言われ、びっくり!!

さらに
“残り泡で最後にお顔を洗います”
と仰った岡本さんのお顔の艶に、さらにびっくり!!
つい、まじまじと見てしまいました(笑)

あと、岡本さんのエピソードで、わくわくしたのは、
“冬場に足のすねがカサついて白くなってたけど、あわみんと固形石鹸で1か月たったら、なくなったの”って。

これは夫に朗報!
年齢のせいもあり、顔は光るのに、足のすねは、冬場乾燥してかゆがっているので(笑)

あれから毎日使って1週間ほど…
“柔らかっ!”
“気持ちいい!”
“背中洗いやすっ!”
と小4の息子大感激。

ナイロン製なのに、
ギシギシガシガシ
全くなし。
お顔もあわみんで洗えてすっきり。
“小皺がなくなりますように…”と祈りながら使っている41才、私の声。」

なんとこの方、その後、義理のお母さんにも「あわみん」を勧めて大絶賛!お義母さん用に、さらにもう一枚、通販で購入したとのこと。

「家族みんなにとって、いいこといっぱい!
“あわみん”は、今やなくてはならないタオルになっています。」

岡本さんの「あわみん」は、誰かを思う気持ちと共に、人から人へ伝わり、これからもたくさんの笑顔を作り出していくことでしょう。

●あわみん本舗:http://awaminn.com/